2017.04.04

【カテゴリ】子育てのコツ

終わった教科書取っておく?

今週でいよいよ新年度がスタートです桜

 



 

 

前の学年の持ち物の整理はお済みですか

 

片づけは

自己効力感や自己統制感といった

わーい (嬉しい顔) 「私は物事を成し遂げることができるぴかぴか (新しい)

わーい (嬉しい顔) 「私は自分自身をコントロールできるぴかぴか (新しい)

という感覚を養うことができます!!

 

また、判断力や決断力を

鍛えることもできます
 

こちらの記事でも書いていますが

『使い終わった教科書は』
おはようございます。広島市で思考の整理をお手伝いする「きらぼし学舎」ライフファシリテーター・思考のオーガナイザーの希恵です。別れの季節ですね。進学・進級を控え&

 

 

お母さんが

学校からのおたよりを見て

学校 「次の学年でも使うので取っておいてください」

と言われたもの以外は

捨てても大丈夫です

 

 

教科書、振り返りますか??

 

ノート、見直しますか??

 

テスト、消してやりますか??

 

子どもさんに判断させてみてください。

 

 

子どもさんがいると言ったら

場所を確保して

取っておく。

 

いらないと言ったら

処分する。

 

 

処分もお母さんが全部やるんじゃなくて

ひもでしばったり

資源ごみを集めているところに

自分で運ばせたり

子どもさんが主体でできるように

お母さんはあくまでも

お手伝いの立場を貫いてください

 

 

 

わが家では春休みに入ってすぐ書いた

こちらのマインドマップ



 

私の制作物が

まだ1つもできていませんが

息子の持ち物の整理はしました

 

 

マインドマップを書いたときには



 

教科書・・・2年終わりまでとっておく

ノート・・・捨てる

テスト・・・捨てる

宿題・・・捨てる

賞状・・・とっておく

でした。

 

 

でも、いざ片づけを始めると・・・



 

どんどんいらないと言い出して・・・



 

結局、

教科書もノートもプリントも

全捨てでした

 

こんな風に子どもって

その時の気分で気持ちが変わることが多いです

 

 

親としては

 「もうどっちなん

となるところですが

 

 「その子が自分自身の持ち物について

決断しているんだな。

 「たいせつなことだから、

迷うこともあるな。」



本人に任せてみてください。

 

 

そういう小さなところから

自分のものを自分で管理する意識ができていきます

 

「自分のことばに責任を持つ」

というのも大切ですが、

「言ったことを変えてみてもいい」

というのも大切なことです

 

この記事をご参考に

 

『子育てに悩む全ての人に読んでほしい本』
今日は本のご紹介です今日ご紹介するのはこちら「親子アスペルガーちょっと脳のタイプが違います」親子アスペルガー―ちょっと脳のタイプが違います/合同出版¥1,51&

 

新学年の教科書とノートを迎える準備が整いました

 

 

 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

 

講座などの最新の情報はこちら

588721無題
 

 


コメントを残す