2017.03.15

【カテゴリ】不登校だからこそこれが大事

義務教育なのに、学校行ってなくて大丈夫なん?

先日、

 「義務教育なのに、

学校って行かんでも大丈夫なん
と聞かれました。

 

いえいえ、

義務教育とは

親が

子どもに

教育を受けさせる義務

のことなんですよ

 

 

子どもに

 「学校に行っちゃダメ!!」

と言うのはダメですが、

 

子どもが

がまん顔 「学校に行きたくない」

と言うのは

義務違反ではありません。

 

これまで、

数件ですが

子どもさんが

もうやだ〜 (悲しい顔) 「今日、休む・・・」



繰り返し始めた時、

親御さんから相談されて

いつもなら学校に行っている時間に

予約をとってもらい、

サポートをしました。

 

 

やったことは

お散歩や公園でボール投げなど、

身体を動かしながら

話を聞く・・・

(対面じゃないところがミソ)

 

 

特に

 「学校で何かあったん?」

とかは聞いてませんが、

それとな~く話しだしました。

 

その子は、1週間休んだあと、

また行きだしました。

 

 

不登校になる以前から

その子自身がきらぼし学舎に

来てくれていたのも良かったです。

 

不登校ではないにしろ、

特に大きな理由もなく

学校を年間15日以上おやすみする子は

予め関わってくれる大人がいた方が

いいような気がします。

 

 

でもね、

それよりも

 お母さんが一人で抱えなかったこと

 早めに誰かに相談したこと。

これが良かったんじゃないかと思います。

相談できる人いますか??

 


 

 

 

 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

 

講座などの最新の情報はこちら

588721無題


コメントを残す