2017.03.09

【カテゴリ】発達障がいだけど大丈夫

「見守ることができています。」保護者さまからのメールより

生徒さんのお母様から

こんなメールをいただきましたラブレター

 


植木先生

いつもお世話になります。

昨日、最後に娘に話されていたワーキングメモリーのお話し、

私にとってとても勉強になりました。
先日伺った時も、

悩んたり迷ったりしていると

凄いエネルギーを使う事を聴いていましたが、

その時は、どちらかと言うと、

心のエネルギーだと捉えていました。

 

昨日のお話しで、

ワーキングメモリーの容量が減るとの事だったので、

なるほどと思い当たる事があったのです。

 

 

子どもの意思とは関係なく、

「親がこうしろああしろ」とプレッシャーを与えれば与えるほど、

子どものワーキングメモリーが減って、

脳が働かなくなる、と言う点です。

 

今まで、娘ができない事、

やらない事にイライラして、

色々言ってきましたが、

それは娘にストレスを与えて、

益々出来なくさせていたのだと言う事が、

とても納得できるお話しでした。

 

実は今回の試験週間、

娘はやる気になって、自分から机に向かっています。

 

以前の私だったら、

「せっかくやる気になっているのだから、もっとこうしたら」と

口を出していたと思います。

 

でも先生のお話を聴いていたので、見守る事ができています(^^)

 

そういえば、娘と私の間で、悪循環を断ち切って、

良い循環の切り替えのアクションを起こしてくれるのは、

いつも娘の方からの様な気がします((^_^;)

 

親としてもっともっと成長できるよう、

親子共々、こらからもどうぞよろしくお願いします(*^_^*)

 



 

きらぼし学舎では

子どもさんのサポートと平行して

親御さんのカウンセリングも受け付けております。

 

 

子どもさんのことが心配なお母様、お父様には

必ずご自分の悩みや引っ掛かりがあるものなのです

 

子どもさんのメンタルと学習

そして、

親御さんのメンタルヘルスの

サポートができるのも

 

カウンセラーとして経験と

15年間の家庭教師と4年半の学校での講師経験の

両方があるからかな、と

思っています

 

 

 

 

 

 

 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

 

講座などの最新の情報はこちら

588721無題


Comments

コメントを残す