2017.02.18

【カテゴリ】発達障がいだけど大丈夫

空気を読めてないんじゃないかと不安になったら・・・

以前書いたこの記事


 

たくさんの反響をいただきました

 

 

内容を3行で説明すると

 

空気を読まずに意見を言う人は

グループの成長と間違いを防ぐために

必要

 

 

で、

みなさんのコメントを読んで

多かったのが

 「自分の意見を言うとき迷うこともありますが、

この記事で勇気づけられました」

というもの。

 

確かに、

場の空気を乱さないために

もやもやしながらも

自分の考えを飲み込むことは

よくあることです

 



 

でも、その

「空気を読まない

みんなとは違う視点を持った考え」



伝えることで

全体が悪い方向へ進むのを

防ぐことができるんです

(それが上のリンク先のお話)

 

 

色んな人を見てきて思うのは

大人でも子どもでも

見方や考え方のバリエーションが

少ないと

しんどい思いをしたり

怒りや不満、不安を

抱え込みやすくなるということ

 

 

 

それは個人でも

グループでも同じです。

 

 

なので、グループでも

場を乱さないことを大切にするよりも

一人ひとりが

みんなと違っている発言をすることの方が

役に立つのです。

 

 

その方が

考え方のバリエーションが

確実に増えますから。

 

 

意見が通るかどうかが

問題なのではありません。

 

意見を出すかどうかが

重要なのです

 

 

そういうのを

風通しが良いグループであると

言うのではないでしょうか

 

 

そして、

そんなグループであれば

必ず発展するでしょうし、

何か課題が生じても

必ず協力して解決できるでしょう。

 

 

会社でも

学校でも

家族でも

個人の中でも同じです。

 

 

考えのバリエーションを増やす

これを

目指していきたいものです。

 

 

そうすれば

 「変なこと言って

問題をややこしくしたくないけぇ

黙っとこ」

とか

 「仕事が増えたらたいぎいけぇ

ほっとこ」

とか

 「あの人ほんまにありえんわ

まじうざい」

とか言うのはなくなってくるんじゃないかと思います。

 

 

この考えを

みんなが気をつければ

人と違うことに価値が生まれます

 

 

そうしたら、

発達障がいが

障がいじゃなくなるんじゃないか

思うんです。

 

 

問題視する心から

バリエーションが増えるメリットを探す心へ



 

考えが違う人がいるのは

当たり前。

 

自分とは合わない人がいるのも

当たり前。

 

理解できないかもしれないけど

その存在を

認めることはできます。

 

 

そして、

あなたも

きっと誰かの非常識。

 

コチラの記事も参考に

『子どもも自分も不幸にしないためにまずここの意識を変える』
今日のポイント 人と違う人がヒーローになる広島市で不登校・発達障がいグレーの子どもさんの成長と自立をサポートする「きらぼし学舎」希恵です。 今朝の新聞に&

 

 

 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

 

講座などの最新の情報はこちら

588721無題


コメントを残す