2017.02.18

【カテゴリ】発達障がいだけど大丈夫

不登校でも発達障がいでも子どものうちにやっておくべきこと

今日はきらぼし学舎を卒業した生徒が

就職の報告に来てくれました

 

彼とは中1からの関わりです。

 


 

きらぼし学舎の卒業生は

みんな

悩みながらも

失敗しながらも

自分の人生を生きています

 

みんな自分で考え、決める人間に

成長しています

 

それは、私植木が

子どもさんと関わるからできること

ではなく・・・

親御さんも一緒にその子の成長に取り組むから

 

 

親御さんも

どんどん変わって行かれるんですよ

 

自分の人生を生きるというのは

幸せなことです。

 

でも、

悩みがなくなるわけではありません。

 

どうなるかというと

悩みから学んで

次の一歩へと

成長できることが

幸せだと感じられる心の枠組みを

持つことが出来るようになるということ

 

発達障がいだからこそ、

不登校だからこそ、

コミュニケーションが苦手だからこそ、

内気だからこそ、

 

心理学を学び

少ない時間とエネルギーで

自分の人生をコントロールする

練習を安全な環境でたくさんたくさんして

そして、

出来るようになるんです

 

だから、親御さんには

 「子どもさんを守ってあげられる

子どものうちに

たくさんたくさん

安全な失敗を経験させてあげましょう」

とお伝えしています

 

そんな生徒の成長が

何よりも嬉しいのです

 

これまでの生徒の成長

 


 



 


 

 

 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

 

講座などの最新の情報はこちら

588721無題

Facebookでコメントを残す