2016.10.13

【カテゴリ】心理学でちょっとラクに

思春期が来る前に!子どもの心を伸ばすために必要なこと

今日は本のご紹介570890

 




「子どもの脳を伸ばす「しつけ」」

DSC_3149
 

Amazonリンク

22502

子どもが悪さをしたり、

かんしゃくを起こしたりしたとき、

親は「どう」すべきか?

脳科学と心理学を応用した精神療法を

実践してきた著者らが、

子どもの脳と心を成長させる

「しつけ」の具体的方法を伝授する。

特別付録・いい親でもやってしまう20のしつけの間違い。

(Amazonより引用)

 

 

 

今年は、例年に比べて

本を多めに読んでいます。

 

特に、心理学・脳科学系の本を

多く読んでいます。

 

その中でも

この本は

超・超・超オススメの本2456

 

この本は文体も難しくありませんし、

図解もあって

とても読みやすいです。

 

何よりも事例が多く、

とてもイメージし易いものです。

 

これまで

私の子育てについて

アメブロのときもこのブログにも

多く書いてきていますが

 

この本を読んで、

127774 「あぁ、やっぱりこれで

良かったんだな」

127774 「あの時、

子どもへの対応を変えて

本当に良かった」

とあらためて思っています。

 

息子が保育園の頃は

私も多くのお母さんがたと同じで

息子の行動に

キレて

怒鳴ることもありました。

 

例えば、こんな風に

私の失敗!ゲームのルール編

無題
 

その他にも

たくさんキレてます127765
 

22502コチラから過去のブログが見れます。

http://ameblo.jp/smilife2014/themeentrylist-10078164647.html

 

 

だから、

お母さんがたの気持ちもわかります。

 

 

でも、子どもへの接し方を

変えることもできるんです2456
 

そして、

子どもとの関係を良いものに

変えることもできるんです2456
 

 

そのためには

まずは、知ること。

 

4459479 キレそうになっている自分を知る

4459482 脳の仕組みを知る

4459483 子どもの気持ちや背景を知る

 

 

私と息子が

どんな風にして

関係をつくってきたか

 

息子の心をどう育んできたか

 

私が息子を怒鳴り、

押さえつけるという自分の失敗を

繰り返さなくなった理由

などを

交えながら

 

子どもと接するときの

大切なポイントをわかりやすく

コチラのイベントでお話いたします。

 

 

2016年10月16日(日)特別子育て講座「子どもを伸ばす親子の関わり」@可部まちめぐり



fa3b9c3365d7a2076602886f34e00562
 

また、

安佐北区で小学生の子どもさんを

放課後児童クラブに預けられている方なら

10月15日(土)の定例会にて

同じ内容のお話が聞けます。

 

 

これは

子どもが定型発達とか

発達障がいとか

グレーゾーンとか

本当に関係ない部分なんです。

 

 

いかに子どもとの信頼関係をつくり

社会に送り出せるか、

そんな内容です。

 

 

お仕事で

子どもさんと一緒に過ごす時間が短い

働くお父さん・お母さんにこそ

聞いていただきたい内容です113822
 

そのために私も準備していますよ77894
DSC_3206
 

ご参加お待ちしております。

 

 

 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)
これまで紹介した本

 

 

 

今日の最新の情報はこちら

588721無題